渥美半島 角上楼の宿泊レポート

渥美半島 角上楼

愛知 渥美半島 角上楼 お部屋 本館 萩   帳場でチェックインの手続きをしながらご主人が煮た丹波の

渥美半島周辺のグルメ

tag:渥美半島

角上楼の口コミ

tag:角上楼

基本情報

公式サイトhttp://www.e-yado.co.jp/


より大きな地図で タビエル を表示

0 Comments
  1. 温泉宿ではありませんが、ここのフグ料理を目当てに3回程宿泊しています。初めてこの宿に行ったのは私が名古屋在住の時に取引先の社長に若狭にフグを食べに行くと話したところ、お前は名古屋に住んでるのに近くで美味いフグを食べれる旅館あるの知らんの?と言われ連れて行かれたのが角上楼でした。実は日本の天然寅河豚の漁獲量の6割は遠州灘・三河湾で水揚げされています。フグと言えば下関を思い浮かべるのですが大半が遠州灘で水揚げされた物が下関へ出荷されているそうです。角上楼は三河湾と遠州灘に挟まれた渥美半島にありますので新鮮な天然寅フグを食べるには絶好の場所にあります。昨年には新館も出来、露天風呂付の部屋「特別室」もあるみたいです。この特別室に泊まり天然寅フグコースの予算が3万円代からはかなりお得だと思います。(本館2万円台?)(タビエル:掲示板より転載させていただきました)

  2. 先日角上楼へ行ってきました。従業員方々建物の雰囲気は良かったのですが、資生堂のエステを導入されているとのことで期待していましたので、QIの110分コースのエステにしましたが、資生堂の美容部員さんが施術していただけると思っていたのですが、宿の方の施術でした。お値段の割に自分が思っていたのと違い残念でした。食事は魚類のみで、もう少し肉類とか選択が出来れば良かった。

  3. 「美味しい魚が食べたい!」と旅館好きの知人に相談したら、「角上楼」を勧められました。ポイントもたまっていたので、いつも利用している『らくだ倶楽部』http://www.rakudaclub.com/ という高級旅館の宿泊サイトで予約しました。ふぐが有名な旅館だそうですが、今まで味わったことのない魚(のどくろ?)がすごく美味しかった・・・何でも、すごい高級魚だそうな。料理は質量ともに充分で、大満足♪自分が泊まった部屋も良かったですが、露天風呂付の部屋を見せていただいたら・・お洒落!次回はこの部屋に泊まりたい・・で自慢のふぐを食したい。少し料金はあがりますが、露天風呂付の部屋オススメですよ!

  4. 私の知る限り実に珍しい旅館です。宿泊したのはもう5・6年前になるのかな、歳のせいかはっきりと覚えていませんが、本日、同旅館からの広告絵ハガキが届きまた思い出を新たにしました。宿泊中については料理を含めてこれといってべつにどうということはなかったのですが、翌朝にお勘定を済ませたあと、しばらく女房と2人で近くを散策していた時、ふと、前夜特別に注文した鮑・伊勢海老の料金が含まれていないことに気付き、急いで旅館に戻って本来あるべき料金の追加精算をしました。そのことについて感謝してほしいなどと筋違いなことを言うつもりは決してないのですが、その時の旅館さんの実にあっけらかんとしたビジネスライクな態度に接して、帰り道、笑いをこらえるのに苦労しました。「それはそれは、わざわざ有難うございます」の一言でもあれば、また出かけたかもしれないのにと女房と話したのを覚えています。その後、数年して今回と同様のハガキが送られてきた際、同旅館のホームページに「もう結構ですから」という旨のメールしましたが、やはり何の音沙汰もなく今日に至った次第です。誠に面白い旅館です。

  5. あ?私も良竿 @さんの言わんとしていることがなんとなく理解できます。こちらのお宿に1月に宿泊しました。本館にお世話になりましたが、古い建物と設えが何とも素敵で風情があり大感動しました。お料理も綺麗だし美味しいし満足しました。スタッフさんの対応もお若い方が多いのに実に皆様心地よくこのお宿は当たりだな!なんて思いました。なのですが、何かちょっと不思議?なお宿の姿勢といいますか「ん?」ということがちらりほらりとあるお宿なんですよね。悪くはない、むしろ良いお宿だと思うのですが。良竿 @さんは「面白い旅館」と書かれていますが、確かにこの表現があっていますね(^^)。で、私もいいお宿だと思うからこそ「ん?」と思ったことをお宿のホームページに書きましたが、いつまでたってもアップされる形跡がありません。けっして悪いことを書いたつもりはないのですが。お宿からのレスもありません。別件メールでお問い合わせを2回ほど入れておりますが、1回はレスが超遅く、もう1回はレスなしです。気にいったので再訪しようと思っていたのですが、2回目のレスがないのでキャンセルしました。ホームページを見ると「おもてなし」や「まごころ」や「寛ぎ」をすごくうたっているのにお宿のこれらの行動は何かチグハグで可笑しいですよね。でもしつこいようですが、行ってみると悪くはない。良いんですよーー。う?ん、実に面白い旅館ですよね。

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です