昨日おとぎの宿 米屋のレポート本編をアップしたが、どうやら誤字脱字のエレクトリカル パレードらしい。

 

でも僕は動じないのだ。(開き直るな!)

後ろは振り返らないのだ。(めんどーなだけだろ!)

 

それより心配しているのは、こうやってブログでたくさん写真を見せすぎるのは、

映画の展開をしゃべっちゃってるようなもんじゃないか?ということ。

それが気になって、これでかなりセーブしながら写真を載せているのだ。

でも

「いいかんじで撮れたな?」

っつう写真はやっぱ見せたいし、ぼくがセーブしたところで他のブログでもたくさん見れるし・・・。

 

 

 

米屋の大きな魅力は湯ですよね?。

館内とかのハードは人間の努力でなんとかなるけど、湯に人間の力は及ばない。

湯は手をかければかけるほど魅力が失われていく。

だから、できるのはその良さを殺さないことだけだ。

まぁ、ぶっちゃけると僕の五感はそこまで繊細ではない。

 

その点、米屋の湯はもともとのポテンシャルが高い。

 

 

 

肌がトロン・トゥルンだ。

(↑検索してもこんな言葉出てきませんよ)

 

 

しかも、大浴場のから部屋の露天風呂まですべて源泉をかけ流ししてるっていうから

湧出量多いんだろうな?。

 

 

 

 

露天風呂はこの石のてっぺんから湯が湧いてきます。

もうひとつの露天は空気に触れないで足下湧出!

 

 

脱衣所もお洒落でしょ。

あ?、ドライヤのワヤワヤきれいにしてから撮ったらよかったか。

 

 

そういえば、僕が小学生くらいのころ

冷蔵庫のCMで

「後ろのワヤワヤがないのだっ!」

っていうものがあった。

確か関西のイントネーションだったような気がする。

ぼくら能天気な小学生は意味もなく、このフレーズを連発したものだ。

 

 

 

頭よわそ?。

 

 

 

当時の冷蔵庫はみな、後ろに黒い「ワヤワヤ」があって、どこの家の冷蔵庫も

そこにはホコリが積もっていて残念な感じになっていたものだ。それが普通だった。

 

いつものことだけど、なんかレポートができあがったら安心してなのか、無駄話が多い(笑)

 

 

3 Comments
  1. エレクトリカル パレードはオンパレードより上級のものと理解されたし

  2. タビエルさんお久しぶりです。
    来月米屋さんに泊りに行きます。いつか泊まりたいと思っていました。
    今回は今宵の宿は憧れの東北の宿と…
    三泊を予定しています。今からワクワク楽しみです。

  3. マダムKさん 米屋さんなどステキな宿泊が続きそうですね!うらやましなぁ。いい旅となりましたらお話聞かせてくださいね。

タビエル へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です