東北の、新幹線で行けるおすすめの宿を教えてください!

Home フォーラム お宿の口コミ 東北の、新幹線で行けるおすすめの宿を教えてください!

  • このトピックには4件の返信、1人の参加者があり、最後ににより18年、 2ヶ月前に更新されました。
5件の投稿を表示中 - 1 - 5件目 (全5件中)
  • #5408 返信

    はじめまして。
    3月の初旬に東京から新幹線で東北地方の温泉に出かけようと思います。
    が、何分九州生まれは九州育ち、東北の温泉についてはよく分かりません・・・。
    せっかく出かけるのならば満足できる宿に泊まりたい!ので、おすすめの宿を
    ご存知の方、ぜひ教えてください!

    希望は、
    1.新幹線から乗り継いで、在来線あるいはバスで1時間程度で行ける
    2.予算は1万円?1万5千円
    3.かけ流しのお風呂で、できれば硫黄泉+湯ノ花希望!露天風呂も希望!
    4.しかも色つきのお湯だと最高
    5.質素でよいので、地元のおいしいものが食べられる

    というところです。
    贅沢です(笑)
    すべての希望が満たされるとは思いませんが、これ!という宿をご存知の方、
    ぜひぜひ教えてください!!


    タビエル
    #200003470 返信

    ‘か?さんこんにちは。書き込みありがとー!お返事遅くなってゴメンナサイ。まだ間に合いますでしょうか?いろいろ思い起こして見たのですが、硫黄泉となると東北新幹線から離れた山峡の温泉宿(車じゃないときびしい)ばかりが思い浮かんでしまいます。交通の便を考慮しながら、私の知っている範囲内で思いつくままいくつかご紹介しますと琢秀(宮城・鳴子温泉郷 中山平温泉)http://tabier02.sakura.ne.jp/tabier06/takuhide/硫黄泉ではありませんが、とても特徴のあるお湯です。料理もおいしいのがうれしいです。私は車でしか行ったことがありませんが、電車の場合東北新幹線の古川から乗換えて中山平温泉駅まで約1時間そこから徒歩15分だそうです(現実的にはタクシーがいいかも)。酸ヶ湯(青森・酸ヶ湯温泉)http://tabier02.sakura.ne.jp/tabier06/yad/hkd_sukayu.html硫黄泉の代表。東北の温泉の横綱的存在!青森駅からJRバス(宿の敷地内にバス停がある)で1時間10分だそうです。あっ、東北新幹線は盛岡までだ・・・。双葉旅館(福島・飯坂温泉)http://tabier02.sakura.ne.jp/tabier06/yad/iizk_futaba.html硫黄泉ではありませんが、古くからの名湯飯坂温泉のお湯がかけ流しになっています。貸切あり。料理もおいしいです。<山形新幹線まで足を伸ばせるならば・・・>米沢駅から1時間ほどで下記の二つの宿までたどり着けそうです。吾妻屋旅館(山形・新高湯温泉)http://tabier02.sakura.ne.jp/tabier06/yad/ntky_azuma.html山峡の秘湯。硫黄泉です西屋旅館(山形・白布温泉)http://tabier02.sakura.ne.jp/tabier06/yad/sirb_nishiya.html東北の宿の風情が漂う茅葺屋根。泉質を忘れてしまったのですが、湯の花がちらちらと湯船に舞っていたのが印象的。お役に立てましたでしょうか?ありがとうございます。


    #200003471 返信

    タビエルさま、初めてお邪魔したにもかかわらず、東北の宿、詳しく教えていただいてありがとうございました。教えていただいた旅館、どれも良さそうな宿ばかりでした。特に、「酸ヶ湯」や「西屋旅館」はぜひ行ってみたい!と思う宿でした。(「白いお風呂」も好きだけど、実は「燻された建物」ずきな私・・・)で、せっかくご紹介いただいて恐縮なのですが・・・。日程が迫ってきていたので一昨日、こちらのサイトやその他の東北の温泉サイトの情報を元に、宿を予約してしまったのです・・・。ごめんなさい!予約したのは福島は高湯温泉の「安達屋」さん。こちらは部屋数が20数室らしく、もうちょっとこじんまりしてたほうがいいかなー、と思いつつも、お湯が「玉子のにおいの白いお湯」であることと、同行のダンナが「安達屋さんでは炉端で竹筒でお澗したお酒が飲めるのがいい!」と主張したのとで決定いたしました。何しろネット情報だけで決めたので、いい温泉だといいなー、いい宿だといいなー、と、今はただどきどきな日々です。しかし、東北って探せば探すほど良さそうな温泉がでてくるんですねー。今回は週末の東京出張にからめた東北旅行なので交通手段や時間に制限がありますが、次回はぜひ、たっぷり時間を取って車で回りたい!と思いました。その時はまた相談にのってくださいね。よろしくおねがいします。では、どうもありがとうございました。


    タビエル
    #200003472 返信

    こんにちは、”か”さん。そろそろご出発が近くなりましたね。か> 予約したのは福島は高湯温泉の「安達屋」さん。お湯が「玉子のにおいの白いお湯」で行ったことはないのですが、高湯温泉は私も興味を持っています。ご感想などがありましたら教えてくださいね。か> しかし、東北って探せば探すほど良さそうな温泉がでてくるんですねー。ええ、まったく同感です。私も行ってみたいところが沢山あって、取材先を考えているときにはいつもわくわくしています(まぁこれは東北に限った事でもないのですが・・・)。か>次回はぜひ、たっぷり時間を取って車で回りたい! と思いました。か> その時はまた相談にのってくださいね。よろしくおねがいします。がってん承知の助です。ありがとうございます!


    #200003473 返信

    タビエルさま、福島は高湯温泉に行ってきました。福島の下界はすっかり春のぽかぽか陽気でしたが、高湯まで登るとまだ雪がしっかり積もっていてびっくりしました。それでも今年は雪解けがものすごく早く、例年この時期はまだ道路にも雪が残っているのだそうです。(私が行ったときは、道路の雪はすっかり解けていました)高湯温泉に関する予備知識をほとんど持たず出かけたのですが、期待した通りの山の静かな温泉地でした。旅館が数件と、確かドライブインが1軒あったと思います。そうそう、共同浴場が建設中で、春頃オープンしそうな雰囲気でした。宿泊した安達屋さんは、ものすごーく辛口な私の評価で75?80点くらい。ただしお風呂には100点をつけます。硫黄のにおいのするお湯に、石灰のような細かい白色のものが無数に浮いていて、浴槽にはられるとちょっと青みがかった白濁色です。湯口からざぶざぶ湯船に注いでいて、湯船からもざぶざぶとお湯が溢れています。内湯も、2つあった露天も、家族風呂もすべてそうでした。久しぶりにかけ流しの新鮮なお湯を満喫しました。お風呂上がりはつるつるでした。夕食はは個室っぽく区切られた囲炉裏のある部屋でいただきました。鴨鍋のなべと炭火焼きの焼き台がセットされていて、炭火焼きの方は自分で焼きながらいただきます。鴨鍋は調理された状態で鍋に入っていて「炭火で暖める」状態だったのでいまいちでしたが、炭火焼きは焼き立てを美味しくいただきました。冷酒や地ビール、ローカルワインなど、飲み物の品揃えも旅館にしてはよかったです。部屋がちょっと古びていた(カーテンがとってもシャビーだった!)のと、朝食がバイキングだったのがいただけませんでしたが、ラウンジには暖炉とロッキングチェアーがあり、のんびり読書も楽しめました。あとは家族風呂においてあったプラスティック製の観葉植物をどけて、露天の洗面器をプラスティックから木製に替えて欲しいな(笑)と思いました。せっかく山の宿なのだから、作り物はもったいないですよね。いろいろ細かい不満はありましたが、宿の方も満室で忙しいところ丁寧に対応しようと努力してくださっているようでしたし、そこそこ満足な宿でした。(←安達屋さん、偉そうな事を書いてごめんなさい!)東北、初めて行ってはまりました。今度は飛行機を使って青森や秋田まで足を伸ばしたいです。次は車でまわるぞー!そうそう、もしここをご覧の方で九州の温泉をさがしていらっしゃる方がいらっしゃれば、大分県は長湯温泉の「翡翠の庄」をお勧めします。食事100点(特に自家製スモークや鴨味噌、ヤマメが美味しい!)、お風呂90点(貸切り風呂多数+サウナ付き内湯)、建物95点の、私が泊まった温泉宿ではもっともお気に入りです。宿泊料金は、離れでなければ13000円からです。では、長々とお邪魔しました。今後ともこちらのサイト、参考にさせていただきます!

5件の投稿を表示中 - 1 - 5件目 (全5件中)
返信先: 東北の、新幹線で行けるおすすめの宿を教えてください!
あなたの情報:




4 Comments
  1. か?さんこんにちは。書き込みありがとー!お返事遅くなってゴメンナサイ。まだ間に合いますでしょうか?いろいろ思い起こして見たのですが、硫黄泉となると東北新幹線から離れた山峡の温泉宿(車じゃないときびしい)ばかりが思い浮かんでしまいます。交通の便を考慮しながら、私の知っている範囲内で思いつくままいくつかご紹介しますと琢秀(宮城・鳴子温泉郷 中山平温泉)http://tabier02.sakura.ne.jp/tabier06/takuhide/硫黄泉ではありませんが、とても特徴のあるお湯です。料理もおいしいのがうれしいです。私は車でしか行ったことがありませんが、電車の場合東北新幹線の古川から乗換えて中山平温泉駅まで約1時間そこから徒歩15分だそうです(現実的にはタクシーがいいかも)。酸ヶ湯(青森・酸ヶ湯温泉)http://tabier02.sakura.ne.jp/tabier06/yad/hkd_sukayu.html硫黄泉の代表。東北の温泉の横綱的存在!青森駅からJRバス(宿の敷地内にバス停がある)で1時間10分だそうです。あっ、東北新幹線は盛岡までだ・・・。双葉旅館(福島・飯坂温泉)http://tabier02.sakura.ne.jp/tabier06/yad/iizk_futaba.html硫黄泉ではありませんが、古くからの名湯飯坂温泉のお湯がかけ流しになっています。貸切あり。料理もおいしいです。<山形新幹線まで足を伸ばせるならば・・・>米沢駅から1時間ほどで下記の二つの宿までたどり着けそうです。吾妻屋旅館(山形・新高湯温泉)http://tabier02.sakura.ne.jp/tabier06/yad/ntky_azuma.html山峡の秘湯。硫黄泉です西屋旅館(山形・白布温泉)http://tabier02.sakura.ne.jp/tabier06/yad/sirb_nishiya.html東北の宿の風情が漂う茅葺屋根。泉質を忘れてしまったのですが、湯の花がちらちらと湯船に舞っていたのが印象的。お役に立てましたでしょうか?ありがとうございます。

  2. タビエルさま、初めてお邪魔したにもかかわらず、東北の宿、詳しく教えていただいてありがとうございました。教えていただいた旅館、どれも良さそうな宿ばかりでした。特に、「酸ヶ湯」や「西屋旅館」はぜひ行ってみたい!と思う宿でした。(「白いお風呂」も好きだけど、実は「燻された建物」ずきな私・・・)で、せっかくご紹介いただいて恐縮なのですが・・・。日程が迫ってきていたので一昨日、こちらのサイトやその他の東北の温泉サイトの情報を元に、宿を予約してしまったのです・・・。ごめんなさい!予約したのは福島は高湯温泉の「安達屋」さん。こちらは部屋数が20数室らしく、もうちょっとこじんまりしてたほうがいいかなー、と思いつつも、お湯が「玉子のにおいの白いお湯」であることと、同行のダンナが「安達屋さんでは炉端で竹筒でお澗したお酒が飲めるのがいい!」と主張したのとで決定いたしました。何しろネット情報だけで決めたので、いい温泉だといいなー、いい宿だといいなー、と、今はただどきどきな日々です。しかし、東北って探せば探すほど良さそうな温泉がでてくるんですねー。今回は週末の東京出張にからめた東北旅行なので交通手段や時間に制限がありますが、次回はぜひ、たっぷり時間を取って車で回りたい!と思いました。その時はまた相談にのってくださいね。よろしくおねがいします。では、どうもありがとうございました。

  3. こんにちは、”か”さん。そろそろご出発が近くなりましたね。か> 予約したのは福島は高湯温泉の「安達屋」さん。お湯が「玉子のにおいの白いお湯」で行ったことはないのですが、高湯温泉は私も興味を持っています。ご感想などがありましたら教えてくださいね。か> しかし、東北って探せば探すほど良さそうな温泉がでてくるんですねー。ええ、まったく同感です。私も行ってみたいところが沢山あって、取材先を考えているときにはいつもわくわくしています(まぁこれは東北に限った事でもないのですが・・・)。か>次回はぜひ、たっぷり時間を取って車で回りたい! と思いました。か> その時はまた相談にのってくださいね。よろしくおねがいします。がってん承知の助です。ありがとうございます!

  4. タビエルさま、福島は高湯温泉に行ってきました。福島の下界はすっかり春のぽかぽか陽気でしたが、高湯まで登るとまだ雪がしっかり積もっていてびっくりしました。それでも今年は雪解けがものすごく早く、例年この時期はまだ道路にも雪が残っているのだそうです。(私が行ったときは、道路の雪はすっかり解けていました)高湯温泉に関する予備知識をほとんど持たず出かけたのですが、期待した通りの山の静かな温泉地でした。旅館が数件と、確かドライブインが1軒あったと思います。そうそう、共同浴場が建設中で、春頃オープンしそうな雰囲気でした。宿泊した安達屋さんは、ものすごーく辛口な私の評価で75?80点くらい。ただしお風呂には100点をつけます。硫黄のにおいのするお湯に、石灰のような細かい白色のものが無数に浮いていて、浴槽にはられるとちょっと青みがかった白濁色です。湯口からざぶざぶ湯船に注いでいて、湯船からもざぶざぶとお湯が溢れています。内湯も、2つあった露天も、家族風呂もすべてそうでした。久しぶりにかけ流しの新鮮なお湯を満喫しました。お風呂上がりはつるつるでした。夕食はは個室っぽく区切られた囲炉裏のある部屋でいただきました。鴨鍋のなべと炭火焼きの焼き台がセットされていて、炭火焼きの方は自分で焼きながらいただきます。鴨鍋は調理された状態で鍋に入っていて「炭火で暖める」状態だったのでいまいちでしたが、炭火焼きは焼き立てを美味しくいただきました。冷酒や地ビール、ローカルワインなど、飲み物の品揃えも旅館にしてはよかったです。部屋がちょっと古びていた(カーテンがとってもシャビーだった!)のと、朝食がバイキングだったのがいただけませんでしたが、ラウンジには暖炉とロッキングチェアーがあり、のんびり読書も楽しめました。あとは家族風呂においてあったプラスティック製の観葉植物をどけて、露天の洗面器をプラスティックから木製に替えて欲しいな(笑)と思いました。せっかく山の宿なのだから、作り物はもったいないですよね。いろいろ細かい不満はありましたが、宿の方も満室で忙しいところ丁寧に対応しようと努力してくださっているようでしたし、そこそこ満足な宿でした。(←安達屋さん、偉そうな事を書いてごめんなさい!)東北、初めて行ってはまりました。今度は飛行機を使って青森や秋田まで足を伸ばしたいです。次は車でまわるぞー!そうそう、もしここをご覧の方で九州の温泉をさがしていらっしゃる方がいらっしゃれば、大分県は長湯温泉の「翡翠の庄」をお勧めします。食事100点(特に自家製スモークや鴨味噌、ヤマメが美味しい!)、お風呂90点(貸切り風呂多数+サウナ付き内湯)、建物95点の、私が泊まった温泉宿ではもっともお気に入りです。宿泊料金は、離れでなければ13000円からです。では、長々とお邪魔しました。今後ともこちらのサイト、参考にさせていただきます!