九州の宿情報

Home フォーラム お宿の口コミ 九州の宿情報

  • このトピックには7件の返信、1人の参加者があり、最後にアグネスにより12年、 6ヶ月前に更新されました。
8件の投稿を表示中 - 1 - 8件目 (全8件中)
  • #4944 返信

    タビエル様・皆様ご無沙汰しておりました。

    私は細々とですが、旅を続けております。
    本日はこの週末に続けて大好きなお宿がテレビ放映されるのでお知らせまで。
    まずは2月から3月にかけて再訪したばかりの天草の「五足のくつ」のヴィッラC。
    3月14日(土)の朝8時から旅サラダの「宿かり日記」で紹介されます。

    又、同じ日の朝のズームインサタデーでは宮崎の「合歓のはな」さんが登場予定。
    ちょうどオープン1周年記念で、食事、エステ、コンサートと一段と進化されたと
    いただいたお手紙に書かれていました。
    今年6月までに行かれる方はお楽しみが多くてラッキー(信楽焼さんも♪)ですね。

    さて、これだけだと寂しいので最近訪ねた新しい宿の情報も少し。
    「五足のくつ」がオープンして今年の夏で7年。
    やっと念願の全室制覇も視野に入り、7年目の浮気ではないですが、この7年で初
    めて天草の他のお宿にも宿泊しました。
    それは「ホテル竜宮」の別館として昨夏オープンした「天使の梯子」です。
    全室、海をのぞむ湯量豊富な源泉かけながしの露天風呂付の客室。
    夕食は鉄板焼きを含む和食のコース。
    特筆すべきは夕食時に追加メニューがいくらでもお願いできるという点です。
    追加も含めて食材はウニ、伊勢海老、あわび、阿蘇牛、天草大王(鶏)から地魚まで
    あって高価にして豊富。
    部屋食の朝食も和洋選べる充実さで、非常にコスパに優れていると思いました。
    この夏まではオープン記念価格でさらにお得なので、もっと近ければ季節毎に訪れ
    てみたいものだと思いました。
    部屋が全部で4タイプあるので、まずは全タイプ制覇を考えています。

    今回は泊まれなかったのですが、佐賀の「蟹御殿」本館で1室だけ改装された部屋
    を見せてもらいました。
    どの部屋かはまだ秘密ですが、私は照明にちなんで「エニグ間」と呼んでいます。

    他にもオープン等いくつか聞いていますので、今年も九州に通う事になりそうです。


    タビエル
    #20000689 返信

    アグネスさんこんにちは!> 私は細々とですが、旅を続けております。いえいえ、とても細々とは思えませんよ。ちなみに私はいま旅(というかバリバリ仕事モードの出張ですが)の途中、ネットカフェにもぐりこんでいるとこです。宿かり日記情報ありがとー!五足のくつにいってらしたのですね。オーナーさんも素敵な方なので、きっと宿も素晴らしいのでしょう。自分たちも早くいけるようになりたいなぁ?それにしても相変わらず、最新情報にも敏感でいらっしゃいます。感服します。


    信楽焼
    #20000690 返信

    アグネス様、ご無沙汰しております。「合歓のはな」の情報、ありがとうございます。土曜日の放映を楽しみにしております。今年は暖冬のせいで桜の開花がかなり早そうですね。私が宮崎を訪れる頃は葉桜になっているかましれません。何はともあれ高校の修学旅行以来の宮崎を思う存分満喫したいと思います。アグネス様が九州ならば私は北海道。先週末は連泊で「三余庵」に行って参りました。今回はちょっと贅沢に露天風呂付のお部屋。結果的にはあいにくの天候(すさまじい強風が吹き荒れていました)のためあまり露天には入れませんでしたが、内風呂と大浴場で十分モール泉を堪能、そして極上のお料理に大満足致しました。鮭児やぶどう海老など普段お目にかかることのできない食材も豊富で、このお料理目的で通ってしまいます。アグネス様、九州もその他のお宿の情報も楽しみにしておりますので、今後も宜しくお願い致します。


    アグネス
    #20000691 返信

    こんばんは。今朝のテレビを見るために昨日早く寝たら、もう目が覚めてしまいました。タビエルさん、お仕事ご苦労様です。でもお仕事とは言え、宿泊を伴うのは羨ましいです。私は今月はほとんど旅行を入れておらず研究月間。最近はあまり車で旅行していなかったけれど、まもなくスタートする高速道路の値下げで日本人の旅行スタイルも変りそう。長距離移動する分、疲れて宿でのんびりする人が増えたりして(笑)。信楽焼さんおかえりなさい。「合歓のはな」いよいよですね。私はこの春は3年前に露天風呂で桜を見損ねた某温泉の予定があり、今年は半分位咲いていそうで喜んでいます。「三余庵」も同じで5年前のオープン当初、北海道なのについ住まいのある関西の桜の時期に予約。「桜の園」に泊まりましたが、やはりまだ寒かったです。次回はグリーンシーズンにメゾネットの「春の海」と思っていたのですが、なかなか再訪できません。当時は帯広が地元の象設計集団に興味を持っており、同系列で設計も同じ北海道ホテルとセットしましたが、オフシーズンだったせいか、どちらも温泉が貸切状態で嬉しかったです。しばらくはリピート宿ばかりですが、新規オープン宿の予定も少しあります。ここに書けるような素敵な宿だといいのですが。


    りんく
    #20000692 返信

    こんにちは☆アグネスさんの早起きに促されて久々に「宿かり日記」見てみました。「五足の靴」、さすがアグネスさんの一番のお気に入り宿だけあって、お風呂も館内も食事も全部すばらしかったです♪あの客室にある動物のテーブルはいいなぁ?。雑誌で見た象のテーブルが放送されているのを見てちょっと興奮してしまいましたよ(^_-)ボクなんかにはちょっと泊まれるようなお宿ではありませんが、本館でもいいから一度くらい足を運んでみたいものです☆今日は近所のイエローハットにETCを購入しに行ったら全部売り切れ、オートッバックスには駐車場すら入れない始末でした。。。GWまでには手に入れないとなぁ?(^_^;)


    アグネス
    #20000693 返信

    りんくさん。早起き、ありがとうございます。「五足のくつ」のヴィッラC、オーナー(私も)の1番好きな部屋が紹介されていました。他にも眺めのいい部屋、テラスを造るのが大変で大工さん1番人気の部屋とかありまして、どの部屋も和めます。客室のテーブルは他の動物バージョンもあるので、いつかのお楽しみに。その前の番組の「合歓のはな」もしっかり長めに紹介されていたし、たまたまですが「宿かり日記」の後で、他局にチャンネルを変えたら、知人が先週行ったばかりの熱海「ふふ」が紹介されていて、いいなぁ?とためいきでした。我が家のETCは二代目なのですが、初代の後半は調子が悪くて数回バーに激突しそうになりました。久しぶりに乗ったりして、しばらくそんな車が増えそう。取り付け時間も必要だから、早目に購入できるといいですね。


    信楽
    #20000694 返信

    タビエル様 アグネス様 皆様、こんにちは「合歓のはな」、4月上旬に行って参りました。体調不良が続きご報告が遅くなりました。ごめんなさい。今回は娘と初めての二人旅。前泊は私のお気に入りの妙見「石原荘」でお湯と料理を十分堪能し、そこから車で2時間強の楽しいドライブとなりました。途中飫肥の街を散策し、宿への到着は午後一時。チェックイン前に猪八重渓谷へのショートハイキングを楽しむつもりでおりましたが、娘の靴ずれと私の体調不良で滝までたどる付くことはできませんでした。それでも十分に森林浴を満喫し、食事前のいい運動となりました。猪八重渓谷への散策の旨を事前に宿のほうにお知らせしておりましたので、リュック、水、タオルなどの装備をお借りすることが出来ました。このサービス、大変ありがたかったです。今回お部屋は、スーペリアル・スイートを選択。すべてのお部屋が離れ形式になっており、一つ一つの部屋が充分なスペースと素晴らしい設備を兼ね備えておりました。特にベッドルームの広さとベットの大きさは感動もので、一人で寝るのがもったないぐらい。ただ、枕の高さが私たちに合わず選べる枕があったらな?と思ってしまいました。二つ重ねてある枕ははずして一つにしてもやはり高く、首が痛くなってしまいました。それからこのタイプの部屋は段差を付けることにより立体的な表情を持たせているタイプなので、お年を召された方には不向きかも知れません。洗面台もダブルシンクで採光もバッチリ。室内浴槽も光に溢れ広々としており、大変気持のよいものでした。その中で私の一番のお気に入りはやはり露天風呂。4?5人は入れる広さの石作りの浴槽にオレンジ色の湯の花がたっぷりのお湯。そこに浸かっては前庭のデッキチェアーに寝ころび、雲の流れを目で追いかける。BGMは川の音。春の風を浴びながらとても贅沢な時間を過ごさせていただきました。お料理も目と舌で楽しめ、娘共々大満足。焼き物の宮崎牛が比較的早い段階で出てくることも小食の私にはありがたかったです。最後になりますがこの宿の一番の売りは女将さんをはじめとする従業員の皆様方のおもてなしの心。お客様を喜ばせたいという気持ちを随所で感じる事が出来ました。女将さんや皆様の心のこもった娘への歌、とても素敵でした。霧島の「ふたり静」と同様に、庭の花や木々が育つ頃もう一度訪れたい宿となりました。


    アグネス
    #20000695 返信

    信楽焼様 こんにちは。体調はもう落ち着かれましたか?かくいう私も前に自分で書いた予想通りETCの休日割引の恩恵を受けられてうれしいものの、4月からの遊びすぎで弱りぎみです。「合歓のはな」、猪八重渓谷へのショートハイキングは連泊でないと無理かなと考えていましたが、宿泊前に宿で荷物を預かってもらい、装備も貸してもらえて、戻れば明るいうちから温泉にドボン、お昼寝やエステというのは理想的なコースかも。こうして宿(前後)での素敵な過ごし方を教えていただき、ますます再訪が楽しみになりました。スタッフの皆様の心のこもったおもてなしもあちらの魅力の1つですね。信楽焼様とは北の「三余庵」から南の「石原荘」や「ふたり静」まで共通の宿に泊まっているので他にもそういう宿があるのかもしれませんね。九州の宿も行きたいと思いながら、なぜか今年は東日本ばかりの予定の私。先月から今月にかけては新潟で「宝巌堂」のリニューアル5周年とカーブドッチワイナリー内にできたばかりの源泉を2つ持つ宿泊施設「ヴィネスパ」、山形の「湯どの庵」「時の宿すみれ」、福島の磐梯高原でリニューアルオープンしたばかりの「ホテリ・アアルト」、富山の「薪の音」等へ泊まってきました。どこも良かったですが、やはりリピート宿はこちらの好みもわかっていてくれるので楽。温泉、食事、部屋、もてなし、立地と宿を選ぶ基準は人それぞれだと思いますが、私の場合は食事ともてなしだとしみじみ思いました。以前「石原荘」の所で加賀棒茶の事を書いた事がありましたが、今回「薪の音」で貴重な?富山の棒茶を出していただけました。しばらく静養して、来月は久しぶりの西日本です。

8件の投稿を表示中 - 1 - 8件目 (全8件中)
返信先: 九州の宿情報
あなたの情報:




7 Comments
  1. アグネスさんこんにちは!> 私は細々とですが、旅を続けております。いえいえ、とても細々とは思えませんよ。ちなみに私はいま旅(というかバリバリ仕事モードの出張ですが)の途中、ネットカフェにもぐりこんでいるとこです。宿かり日記情報ありがとー!五足のくつにいってらしたのですね。オーナーさんも素敵な方なので、きっと宿も素晴らしいのでしょう。自分たちも早くいけるようになりたいなぁ?それにしても相変わらず、最新情報にも敏感でいらっしゃいます。感服します。

  2. アグネス様、ご無沙汰しております。「合歓のはな」の情報、ありがとうございます。土曜日の放映を楽しみにしております。今年は暖冬のせいで桜の開花がかなり早そうですね。私が宮崎を訪れる頃は葉桜になっているかましれません。何はともあれ高校の修学旅行以来の宮崎を思う存分満喫したいと思います。アグネス様が九州ならば私は北海道。先週末は連泊で「三余庵」に行って参りました。今回はちょっと贅沢に露天風呂付のお部屋。結果的にはあいにくの天候(すさまじい強風が吹き荒れていました)のためあまり露天には入れませんでしたが、内風呂と大浴場で十分モール泉を堪能、そして極上のお料理に大満足致しました。鮭児やぶどう海老など普段お目にかかることのできない食材も豊富で、このお料理目的で通ってしまいます。アグネス様、九州もその他のお宿の情報も楽しみにしておりますので、今後も宜しくお願い致します。

  3. こんばんは。今朝のテレビを見るために昨日早く寝たら、もう目が覚めてしまいました。タビエルさん、お仕事ご苦労様です。でもお仕事とは言え、宿泊を伴うのは羨ましいです。私は今月はほとんど旅行を入れておらず研究月間。最近はあまり車で旅行していなかったけれど、まもなくスタートする高速道路の値下げで日本人の旅行スタイルも変りそう。長距離移動する分、疲れて宿でのんびりする人が増えたりして(笑)。信楽焼さんおかえりなさい。「合歓のはな」いよいよですね。私はこの春は3年前に露天風呂で桜を見損ねた某温泉の予定があり、今年は半分位咲いていそうで喜んでいます。「三余庵」も同じで5年前のオープン当初、北海道なのについ住まいのある関西の桜の時期に予約。「桜の園」に泊まりましたが、やはりまだ寒かったです。次回はグリーンシーズンにメゾネットの「春の海」と思っていたのですが、なかなか再訪できません。当時は帯広が地元の象設計集団に興味を持っており、同系列で設計も同じ北海道ホテルとセットしましたが、オフシーズンだったせいか、どちらも温泉が貸切状態で嬉しかったです。しばらくはリピート宿ばかりですが、新規オープン宿の予定も少しあります。ここに書けるような素敵な宿だといいのですが。

  4. こんにちは☆アグネスさんの早起きに促されて久々に「宿かり日記」見てみました。「五足の靴」、さすがアグネスさんの一番のお気に入り宿だけあって、お風呂も館内も食事も全部すばらしかったです♪あの客室にある動物のテーブルはいいなぁ?。雑誌で見た象のテーブルが放送されているのを見てちょっと興奮してしまいましたよ(^_-)ボクなんかにはちょっと泊まれるようなお宿ではありませんが、本館でもいいから一度くらい足を運んでみたいものです☆今日は近所のイエローハットにETCを購入しに行ったら全部売り切れ、オートッバックスには駐車場すら入れない始末でした。。。GWまでには手に入れないとなぁ?(^_^;)

  5. りんくさん。早起き、ありがとうございます。「五足のくつ」のヴィッラC、オーナー(私も)の1番好きな部屋が紹介されていました。他にも眺めのいい部屋、テラスを造るのが大変で大工さん1番人気の部屋とかありまして、どの部屋も和めます。客室のテーブルは他の動物バージョンもあるので、いつかのお楽しみに。その前の番組の「合歓のはな」もしっかり長めに紹介されていたし、たまたまですが「宿かり日記」の後で、他局にチャンネルを変えたら、知人が先週行ったばかりの熱海「ふふ」が紹介されていて、いいなぁ?とためいきでした。我が家のETCは二代目なのですが、初代の後半は調子が悪くて数回バーに激突しそうになりました。久しぶりに乗ったりして、しばらくそんな車が増えそう。取り付け時間も必要だから、早目に購入できるといいですね。

  6. タビエル様 アグネス様 皆様、こんにちは「合歓のはな」、4月上旬に行って参りました。体調不良が続きご報告が遅くなりました。ごめんなさい。今回は娘と初めての二人旅。前泊は私のお気に入りの妙見「石原荘」でお湯と料理を十分堪能し、そこから車で2時間強の楽しいドライブとなりました。途中飫肥の街を散策し、宿への到着は午後一時。チェックイン前に猪八重渓谷へのショートハイキングを楽しむつもりでおりましたが、娘の靴ずれと私の体調不良で滝までたどる付くことはできませんでした。それでも十分に森林浴を満喫し、食事前のいい運動となりました。猪八重渓谷への散策の旨を事前に宿のほうにお知らせしておりましたので、リュック、水、タオルなどの装備をお借りすることが出来ました。このサービス、大変ありがたかったです。今回お部屋は、スーペリアル・スイートを選択。すべてのお部屋が離れ形式になっており、一つ一つの部屋が充分なスペースと素晴らしい設備を兼ね備えておりました。特にベッドルームの広さとベットの大きさは感動もので、一人で寝るのがもったないぐらい。ただ、枕の高さが私たちに合わず選べる枕があったらな?と思ってしまいました。二つ重ねてある枕ははずして一つにしてもやはり高く、首が痛くなってしまいました。それからこのタイプの部屋は段差を付けることにより立体的な表情を持たせているタイプなので、お年を召された方には不向きかも知れません。洗面台もダブルシンクで採光もバッチリ。室内浴槽も光に溢れ広々としており、大変気持のよいものでした。その中で私の一番のお気に入りはやはり露天風呂。4?5人は入れる広さの石作りの浴槽にオレンジ色の湯の花がたっぷりのお湯。そこに浸かっては前庭のデッキチェアーに寝ころび、雲の流れを目で追いかける。BGMは川の音。春の風を浴びながらとても贅沢な時間を過ごさせていただきました。お料理も目と舌で楽しめ、娘共々大満足。焼き物の宮崎牛が比較的早い段階で出てくることも小食の私にはありがたかったです。最後になりますがこの宿の一番の売りは女将さんをはじめとする従業員の皆様方のおもてなしの心。お客様を喜ばせたいという気持ちを随所で感じる事が出来ました。女将さんや皆様の心のこもった娘への歌、とても素敵でした。霧島の「ふたり静」と同様に、庭の花や木々が育つ頃もう一度訪れたい宿となりました。

  7. 信楽焼様 こんにちは。体調はもう落ち着かれましたか?かくいう私も前に自分で書いた予想通りETCの休日割引の恩恵を受けられてうれしいものの、4月からの遊びすぎで弱りぎみです。「合歓のはな」、猪八重渓谷へのショートハイキングは連泊でないと無理かなと考えていましたが、宿泊前に宿で荷物を預かってもらい、装備も貸してもらえて、戻れば明るいうちから温泉にドボン、お昼寝やエステというのは理想的なコースかも。こうして宿(前後)での素敵な過ごし方を教えていただき、ますます再訪が楽しみになりました。スタッフの皆様の心のこもったおもてなしもあちらの魅力の1つですね。信楽焼様とは北の「三余庵」から南の「石原荘」や「ふたり静」まで共通の宿に泊まっているので他にもそういう宿があるのかもしれませんね。九州の宿も行きたいと思いながら、なぜか今年は東日本ばかりの予定の私。先月から今月にかけては新潟で「宝巌堂」のリニューアル5周年とカーブドッチワイナリー内にできたばかりの源泉を2つ持つ宿泊施設「ヴィネスパ」、山形の「湯どの庵」「時の宿すみれ」、福島の磐梯高原でリニューアルオープンしたばかりの「ホテリ・アアルト」、富山の「薪の音」等へ泊まってきました。どこも良かったですが、やはりリピート宿はこちらの好みもわかっていてくれるので楽。温泉、食事、部屋、もてなし、立地と宿を選ぶ基準は人それぞれだと思いますが、私の場合は食事ともてなしだとしみじみ思いました。以前「石原荘」の所で加賀棒茶の事を書いた事がありましたが、今回「薪の音」で貴重な?富山の棒茶を出していただけました。しばらく静養して、来月は久しぶりの西日本です。