宮城県の リゾート イン サオウメッツ

Home フォーラム 宮城県の リゾート イン サオウメッツ

  • このトピックには11件の返信、1人の参加者があり、最後にタビエルにより9年、 6ヶ月前に更新されました。
12件の投稿を表示中 - 1 - 12件目 (全12件中)
  • #5031 返信

    ザオウメッツが事実上経営破綻したようです。ここの経営者は、会員を募り、供託金(?)を10年間あずけて会員となった方は1泊あたり約5000円引きで宿泊できました。返還時期を過ぎても供託金が返還されないので、会員たちが経営者と交渉するようになり、それが地元新聞でかなり大きく報道されました。それが結果的に経営悪化に追い打ちをかけてしまったようです。
    供託金を預けた「会員の会」の代表者が経営を引き継ぐという噂もありますが、さだかではありません。

    サオウメッツの存在は口コミでも聞いていましたが、タビエルさんの記事を見て行ってみたら、とても良かった。一緒に行った家族も言ってました。別の機会に連れて行った親戚も誉めていました。
    栄枯盛衰は世の習いとは言え、残念です。


    れおん
    #200001086 返信

    遠刈田温泉リゾートインザオウメッツの経営破綻の山廃純米さんの書き込みに驚きました。検索してみると「リゾートインザオウメッツ」の預託金未返還問題の報道が見つかりました。地元の方以外には伝わらないニュースですよね。ザオウメッツに泊まるために、わざわざ広島から仙台に行ったぐらい思い入れがありましたので、私もとても残念です。


    タビエル
    #200001087 返信

    山廃純米さん、お久しぶりです。れおんさん、こんにちは。ザオウメッツ、私も残念でなりません。東北のほうからなにかいい話題、聞きたいですね。


    れおん
    #200001088 返信

    タビエルさんこんにちは。ザオウメッツはポコポコプクリさんの本に「これで死んでもいいなと思えるほどの露天だ」と書いてあるのを見て、「それってどんな露天風呂?」とどうしても行ってみたくなって行きました。ポコポコプクリさんは、こちらのHPを見て行ったのだと思うので、原点はタビエルさんのレポートだったのですね。宮城のもうひとつのお気に入り温泉の峩々温泉に続いて、追分温泉も営業再開できると良いですね。


    山廃純米
    #200001089 返信

    福島の温泉の情報はあまりわかりませんが、岩手宮城の温泉地の多くは、津波被災者の避難所になっています。盛岡の繋温泉は、宮古市周辺の方々。花巻温泉郷は釜石市周辺の方々。一関温泉郷は陸前高田の方々。栗駒には気仙沼。鳴子へは石巻市と南三陸町の方々。 追分温泉は南三陸町や石巻市の被災地のすくそばです。地元の貴重な避難所になっているようです。「追分温泉  避難所」で検索すると、それに関する記事がヒットすると思います。


    タビエル
    #200001090 返信

    ‘はい。追分温泉の復興待ち遠しいですね!当初は1年くらいは避難所として機能する予定だったらしいですが、復興への思いは意外と復興を早めているようで、半年くらいで再開できるかもとお話していました。と言うことは秋ぐらいには再開?http://tabier02.sakura.ne.jp/tabier06/mt/tabier/2011/05/post-210.html


    タビエル
    #200001091 返信

    山廃純米さん、各温泉地の避難所情報ありがとうございます!


    tomoneko
    #200001092 返信

    山廃純米さん、れおんさん、こんばんはザオウメッツ経営破綻の情報にビックリしています1度しか泊っていませんが結構気に入ってました食事もお風呂も良かったし、蔵王に行くと言ったら天候を調べてくれた従業員の方も良い印象だったんですけどねぇとても残念です


    タビエル
    #200001093 返信

    tomonekoさんもザオウメッツいってらっしゃいましたか。残念です。


    tomoneko
    #200001094 返信

    タビエルさん、こんばんは!そうなんです2005年に泊ったので結構前ですねwwその時も書き込みしてたんですけど(名前がひらがなだったかも)、それからはシェフが変わったりいろいろあったみたいですねー知ってるお宿がなくなるのは何ともさびしい話ですね


    山廃純米
    #200001095 返信

    先の私の書き込み内容に誤りは無いのですが、誤解を生むような表現だったかもしれません。また、其の後、若干の情報を得ましたので、補足します。平成22年11月頃ザオウメッツの預託金未返還問題で、預託金を納めた会員による「会員の会」が結成された。「会員の会」は預託金の使途や負債の明細等を明らかにするよう、ザオウメッツ経営者に求めたそうです。平成22年12月下旬ザオウメッツが別荘地管理会社に温泉使用料を滞納したため、温泉の供給を停止された。その事が地元紙に報道された。平成23年5月ザオウメッツ経営者から会員(預託金を納めた方)に手紙「東日本大震災で建物が被災し営業を続ける事が困難となったので、「会員の会」に経営権を渡した」という内容だった。」と会員の方から聞きました。平成23年6月「会員の会」から会員に手紙が届いた。「ザオウメッツ経営者が「会員の会」側に経営権を譲り、新たに代表取締役と支配人が決まった。」という通知が会員に来たそうです。代表取締役や支配人の名前も記されていたそうですが、ここでは割愛いたします。経営破綻はあったようですが、ホテルが完全に消滅した訳では無いようです。新たな経営者によってホテルが存続されるかどうか、今後の動向を見守っていくしかないと思います。、


    タビエル
    #200001096 返信

    山廃純米さま、追加情報ありがとうございます。

12件の投稿を表示中 - 1 - 12件目 (全12件中)
返信先: 宮城県の リゾート イン サオウメッツ
あなたの情報:




11 Comments
  1. 遠刈田温泉リゾートインザオウメッツの経営破綻の山廃純米さんの書き込みに驚きました。検索してみると「リゾートインザオウメッツ」の預託金未返還問題の報道が見つかりました。地元の方以外には伝わらないニュースですよね。ザオウメッツに泊まるために、わざわざ広島から仙台に行ったぐらい思い入れがありましたので、私もとても残念です。

  2. 山廃純米さん、お久しぶりです。れおんさん、こんにちは。ザオウメッツ、私も残念でなりません。東北のほうからなにかいい話題、聞きたいですね。

  3. タビエルさんこんにちは。ザオウメッツはポコポコプクリさんの本に「これで死んでもいいなと思えるほどの露天だ」と書いてあるのを見て、「それってどんな露天風呂?」とどうしても行ってみたくなって行きました。ポコポコプクリさんは、こちらのHPを見て行ったのだと思うので、原点はタビエルさんのレポートだったのですね。宮城のもうひとつのお気に入り温泉の峩々温泉に続いて、追分温泉も営業再開できると良いですね。

  4. 福島の温泉の情報はあまりわかりませんが、岩手宮城の温泉地の多くは、津波被災者の避難所になっています。盛岡の繋温泉は、宮古市周辺の方々。花巻温泉郷は釜石市周辺の方々。一関温泉郷は陸前高田の方々。栗駒には気仙沼。鳴子へは石巻市と南三陸町の方々。 追分温泉は南三陸町や石巻市の被災地のすくそばです。地元の貴重な避難所になっているようです。「追分温泉  避難所」で検索すると、それに関する記事がヒットすると思います。

  5. はい。追分温泉の復興待ち遠しいですね!当初は1年くらいは避難所として機能する予定だったらしいですが、復興への思いは意外と復興を早めているようで、半年くらいで再開できるかもとお話していました。と言うことは秋ぐらいには再開?http://tabier02.sakura.ne.jp/tabier06/mt/tabier/2011/05/post-210.html

  6. 山廃純米さん、各温泉地の避難所情報ありがとうございます!

  7. 山廃純米さん、れおんさん、こんばんはザオウメッツ経営破綻の情報にビックリしています1度しか泊っていませんが結構気に入ってました食事もお風呂も良かったし、蔵王に行くと言ったら天候を調べてくれた従業員の方も良い印象だったんですけどねぇとても残念です

  8. tomonekoさんもザオウメッツいってらっしゃいましたか。残念です。

  9. タビエルさん、こんばんは!そうなんです2005年に泊ったので結構前ですねwwその時も書き込みしてたんですけど(名前がひらがなだったかも)、それからはシェフが変わったりいろいろあったみたいですねー知ってるお宿がなくなるのは何ともさびしい話ですね

  10. 先の私の書き込み内容に誤りは無いのですが、誤解を生むような表現だったかもしれません。また、其の後、若干の情報を得ましたので、補足します。平成22年11月頃ザオウメッツの預託金未返還問題で、預託金を納めた会員による「会員の会」が結成された。「会員の会」は預託金の使途や負債の明細等を明らかにするよう、ザオウメッツ経営者に求めたそうです。平成22年12月下旬ザオウメッツが別荘地管理会社に温泉使用料を滞納したため、温泉の供給を停止された。その事が地元紙に報道された。平成23年5月ザオウメッツ経営者から会員(預託金を納めた方)に手紙「東日本大震災で建物が被災し営業を続ける事が困難となったので、「会員の会」に経営権を渡した」という内容だった。」と会員の方から聞きました。平成23年6月「会員の会」から会員に手紙が届いた。「ザオウメッツ経営者が「会員の会」側に経営権を譲り、新たに代表取締役と支配人が決まった。」という通知が会員に来たそうです。代表取締役や支配人の名前も記されていたそうですが、ここでは割愛いたします。経営破綻はあったようですが、ホテルが完全に消滅した訳では無いようです。新たな経営者によってホテルが存続されるかどうか、今後の動向を見守っていくしかないと思います。、

  11. 山廃純米さま、追加情報ありがとうございます。